日本医療機能評価認定施設/平成26年2月16日3rdG:Ver.1.0取得  

             
         

リハビリテーション科紹介: 「利用される皆様の立場に配慮したリハビリテーション医療の実践」を科の理念に急性期から専門的・総合的なリハビリテーション医療サービスを提供していきます。
  リハビリテーション科科長 竹本 一仁
  
基本方針: 1.急性期リハビリテーション医療を中心に、一貫したリハビリテーションサービスを提供します。
2.関連職種が役割分担し、チーム医療を実践します。
3.他の医療機関や介護保険施設、各種居宅サービス事業者との連携を図り、利用者ニーズの実現に努めます。
主な業務: 理学療法部門
 発病・手術前後の2次的合併症の予防(筋力低下・関節拘縮・起立性低血圧など)、 基本動作能力(座る・立つ・歩く)の回復や維持を目的に運動療法・病棟生活訓練等を用いた援助を行います。
作業療法部門
 作業療法における「作業」とは、日常生活、家事、仕事、趣味などの生活行為全般を指します。
 当院では脳血管疾患や運動器疾患を中心に認知症や高次脳機能障害、神経難病、加齢や生活不活発による廃用症候群などを対象としています。
 主に上肢(肩〜手)に対する機能訓練に加え、ケガや病気の影響で出来なくなった食事や着替え、トイレ動作等の身の回り動作の練習や環境調整などの援助を行います。
 家庭や地域、学校・職場などの生活の場で役割や生きがいを持ち、その人らしさを尊重した生活を続けられるように支援します。
言語聴覚療法部門
 話す・聴くなどのコミュニケーションに問題のある方(失語症・高次脳機能障害・構音障害など)に対し、コミュニケーションが円滑に図れるよう検査・助言・指導を行います。飲み込みに問題のある方(摂食嚥下障害)には、食事を安全に楽しく食べられるよう検査・助言・指導を行います。また認知症の方や疑いのある方に対してもけんさ。助言・指導を行います。
特別事項 ・龍ケ崎市の介護保険事業への協力や、茨城県内の療法士養成施設の実習指定病院など地域社会に貢献しております。
・スポーツの治療や障害予防および適切な指導法などの、スポーツリハビリテーションに取り組んでおります。(近隣大学のサッカー選手指定病院) 
学術活動: 【2017年度】
 学会発表
 「本人の趣味活動を用いたことによりリハビリ拒否が改善し食事動作自立となった症例」
  第70回済生学会 2018年2月(福岡)
 講演
  上手な年の重ね方
   「サルコペニアについての講話・運動」」 2017年10月 龍ケ崎保健センター
   「腰痛を予防するには」         2017年10月 龍ケ崎保健センター
   「嚥下について」            2017年10月 龍ケ崎保健センター

【2016年度】
 学会発表
 「胸髄出血にて発症した海綿状血管腫により重度感覚障害を呈した症例が、
  両ロフストランド杖歩行獲得に至った経験」 
  第66回日本病院学会 2016年6月(岩手)
 「洗える君〜頭に届く洗髪ブラシ」 
  第9回茨城県作業療法学会 2016年2月(土浦)
 「坐位能力及び運動失調症状が改善したことにより食事動作が可能となった症例」 
  第9回茨城県作業療法学会 2016年2月(土浦)
 「家族との協力によって日中の活動量が変化した症例」 
  第69回済生学会 (横浜)

 講演
  上手な年の重ね方
   「ロコモティブシンドローム」       2017年1月 龍ケ崎保健センター
   「肩痛・股関節痛・膝痛予防の体操」    2017年2月 龍ケ崎保健センター
  市民健康教室
   「誤嚥性肺炎と予防」           2017年3月 総合健診センター
  特定保健指導ヘルスアップセミナー      2017年5月 総合健診センター

【2015年度】
 学会発表
 「人工呼吸器導入後入院が延長したALS患者への在宅復帰に向けた介入」
  第2回生活行為向上マネジメント事例検討会 2016年2月(水戸)
 「介助での趣味活動再開により入院中のQOLが向上した人工呼吸器導入後のALS
  患者への介入」 2015年11月(ネット論文)
 「家族との協力によって日中の活動量が変化した症例」
  第8回茨城県作業療法学会 2015年11月(土浦)
 「両変形性股関節症を呈し、両人工関節全置換術を施行した症例 
  〜長期介入によりパスを逸脱した症例〜」 
  第68回済生学会 2016年2月(大阪)
資格: ・茨城県介護予防リハビリ専門職指導者:3名
・スポーツ救命ライセンス:1名
・茨城県介護予防専門指導者:1名
・運動器認定理学療法士:2名
・茨城県立医療大学臨床教育講師:2名
・多職種連携医療専門職養成プログラム履修:1名
・認定作業療法士:1名
・地域包括ケア推進リーダー:1名
・生活行為向上マネジメント研修修了:2名

・関東・東北豪雨による被災者への支援活動参加(JMAT):2名
   
先頭に戻る
 サイトマップ l プライバシーポリシー  
〒301-0854 茨城県龍ケ崎市中里1丁目1番
 TEL:0297-63-7111(代表)
 E-mail:web_master@ryugasaki-hp.org
 Copyright (C) 2006 RH All rights reserved.