お問い合わせはこちら

0297-63-7111(代表)

認定看護師の活動

認定看護師・専門分野担当看護師

【感染管理認定看護師 木村 昌代】

病院という、特殊な環境の中においては、病原体をもつ微生物だけでなく本来病原体をもたない微生物によって感染症をおこすことがあります。感染対策の必要性を職員一人一人が理解し、より安全な療養環境を提供することができるよう、日々の活動を行っています。

【皮膚・排泄ケア認定看護師 佐々木 信子】

スキンテアを通して皮膚のトラブルを予防し、創傷については早期治癒のための環境を整えます。また、ストーマを持つ方のサポート、排泄に伴う問題をサポートします。

【慢性心不全看護認定看護師 浅野 正巳】

慢性心不全看護認定看護師の役割は、心不全の再発や重症化を予防するために、生活調整及びセルフケア支援、心不全憎悪因子の評価およびモニタリングを行います。
患者さんのご家庭での日常生活を踏まえて、患者さんやご家族と一緒に健康管理を考えて活動しています。

【認知症看護認定看護師 小林 若菜】

認知症があると入院による急な環境の変化に適応することが難しく、混乱してしまうことも少なくありません。認知症があっても安心して治療が続けられるようお手伝いさせて頂きます。また当院では神経内科医師や社会福祉士などの多職種からなる「認知症ケアチーム」でも患者様とご家族をサポートしています。

【緩和ケア認定看護師 藤井 陽子】

緩和ケアは、患者さんの体のつらさを和らげるだけでなく、今後どのように病気と向き合いどこで過ごしたいのか、患者さんご家族の状況や希望に寄り添った多職種と共同し「その人らしさ」を尊重した緩和医療やケアを提供できるように努めています。

【がん化学療法看護認定看護師 橋本 幸織】

がん化学療法を受ける患者さんが、治療を安全に安心して受けることができるように、投与管理、副作用マネジメント、セルフケア支援、精神面での相談などを行っています。また、がんと向き合う患者さんやご家族の思いをチームで共有し、その人らしく生活し治療が継続できるように一緒に考えていきます。

【医療安全管理者 大和田 久美】

病院の理念に基づき患者さん、職員の安全を守り、医療の質を保証することを目標に取り組んでいます。活動は下部組織である看護部医療安全管理委員会と連携をとりながら、組織横断的に活動しています。

【母乳外来、助産師外来担当 アドバンス助産師】

助産外来では助産師は妊婦健診を行うだけでなく、身体的、精神的変化への戸惑いや悩みをサポートできるよう、分娩、育児への準備をお手伝いします。医師と共に妊婦健診も行いますので疑問や相談がありましたら気軽に声をかけてください。
母乳外来はお母さんと赤ちゃんのための外来です。母乳に関することだけでなく、困っている事、聞いて欲しい事など助産師が皆さんのお力になります。

住所
茨城県龍ケ崎市中里1丁目1番
休診日
日曜・祝祭日、振替休日、
年末・年始 (12月29日~1月3日)
TEL
0297-63-7111(代表)
看護職募集