本文へスキップ

龍ケ崎済生会病院 看護部です。

TEL.0297-63-7111

〒301-0847 茨城県龍ケ崎市中里1丁目1番

組織図・看護単位

体制

看護単位 一般病棟4、ICU、手術室、外来
勤務体制 変則二交代(日勤 8時15分〜17時15分)
          (夜勤 16時30分〜9時30分)一般病棟4人夜勤
看護方式 固定チームナーシング(一部チームナーシング)
看護記録 電子カルテ、問題志向型看護記録(PONR)、NANDA看護診断
一般病棟入院基本料 7対1


組織図


看護単位

5階病棟 53床 (循環器内科、整形外科、耳鼻科、泌尿器科)
 5階病棟は循環器内科・整形外科・泌尿器科・耳鼻咽喉科の混合病棟です。検査・治療、手術、リハビリテーションなどの急性期から慢性期と幅広い看護を実践しています。
 スタッフみんなで「目配り」「気配り」「心配り」と、患者さんに寄り添う看護に努めています。明るく・楽しく・笑顔のある職場作りをしています。

             5階病棟責任者 鈴木 久子
4階病棟 54床 (神経内科、呼吸器内科、眼科) 
 4階病棟は、脳神経外科、呼吸器内科、神経内科、眼科の混合病棟です。急性期看護から緩和ケアまで幅広い看護を提供しています。また、地域の中核病院として在宅重症難病患者一時入院受け入れ(レスパイト)なども行っています。患者さんに、よりよい医療を提供するために、医師・看護師・薬剤師・PT・OT・ST・栄養士など多職種でカンファレンスを行っています。

             4階病棟責任者 大林 靖代
3階北病棟(消化器病センター) 51床 (消化器内科、消化器外科) 
 消化器病センターでは、急性期から終末期の消化器疾患の方が入院されています。内視鏡検査や化学療法などの内科的治療、手術などの外科的治療を行っています。看護師は、患者さんや家族一人ひとりに寄り添い、質の高い看護が提供出来るよう日々努力しています。既婚者も多く仕事と子育てを両立できる職場で生き生きと働いています。

     3階北病棟(消化器病センター)責任者 壱岐 直美
3階南病棟 48床 (産婦人科、小児科) 
 産婦人科・小児科を主とした内科混合病棟です。 小児科、産婦人科ともに外来と病棟を一元化して担当しています。看護師、助産師が外来から入院、退院後も母親、子供、家族と向き合い継続した関わりをすることで安心できる看護を目指しています。
 患者さんの平均在院日数は5日と短いですが、患者さんにも安心して、治療を受けていただけるよう丁寧、誠実な対応を目指しています。産科では妊産婦、赤ちゃんのそばに寄り添い、新しい家族、その命の誕生、産後ケアを行い地域機関と連携して支援しています。助産師は母乳外来・助産外来・マザークラスなど専門の外来も担当しています。

             3階南病棟責任者 大和田 久美 
ICU 4床 
 地域中核の急性期医療を担う病院として、集中治療室(ICU)のベッドは4床あります。入室している主な診療科は、消化器内科・外科・循環器内科・呼吸器内科・神経内科です。ICUは、専門かつ高度な医療提供する部署なので、緊迫した状況であっても落ち着いて対応できるよう日頃から知識・判断力・スキルの向上に努めています。 スタッフ一同患者さんやご家族の方からご意見・ご要望を聞き、 安全・安心・満足のいく看護ができるように努めています。 

             ICU責任者 岸 理子
手術室 
 手術室は、4室あり年間約1,800件の手術を行っています。患者さんが安心・安全に手術ができるよう医師、麻酔科医、看護師、多職種が連携すると共に、手術室看護師は術前指導外来・術前訪問・術後訪問を行い、外来・病棟との連携体制をとっています。 

             手術室責任者 池田 真由美
外来
 外来看護師は、外来診察介助の他、内視鏡、血管造影室、外来化学療法、救急外来、など幅広く看護を行っています。また、安全で安心した検査・治療が受けられるよう他部門と連携し患者さんの指導の充実を図っています。患者さんに寄り添いサポートできる体制に努めています。子育て中の看護師も多く、お互い助け合いながら、患者さんの安全を守るため日々業務にあたっています。

             外来看護責任者 佐々木 富美子


龍ケ崎済生会病院 看護部

〒301-0847
茨城県龍ケ崎市中里1丁目1番
TEL 0297-63-7111
FAX 0297-63-7163