平成27年度 龍ケ崎済生会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 464 80 150 245 258 335 882 1142 923 217
●定義
2015年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。

●特徴
当院の入院患者さんを年齢別にみますと、60歳以上の方が占める割合が67.3%、その内80歳以上の方が24.3%と比較的ご高齢の患者さんが多い状況です。年代別の主な疾患は、40歳代以下では骨折などの外傷や虫垂炎、また分娩の患者さんが多く、60歳代以上では、脳梗塞などの脳卒中に加え、誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 206 6.22 6.17 0.49 0
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 40 5.85 5.72 0 3.1
040100xxxxx00x 喘息 26 5.92 6.31 0 4.4
小児科では、生まれたばかりの赤ちゃんから中学生までを診察しています。乳幼児は自分で症状を説明することができないため、ご家族からの情報がとても重要です。いつもと何か違うなど、ご家族でしかわからないような変化が診断の糸口になることがあります。なるべく不要な検査や治療は行わずにお子さんが元気になれるよう努めています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 42 7.57 9.17 2.38 72.7
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 41 4.95 7.84 0 63
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 24 15.42 20.63 0 68.8
外科では、消化器内科と密に連携を取り、患者さんひとりひとりに適した診療方針をとっています。
早期がんや胆嚢結石症では、患者さんに負担の少ない腹腔鏡下手術を施行しており、胆嚢結石症においては、手術のおよそ9割を占めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 58 30.69 24.95 1.72 64.9
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 44 20.95 28.70 40.91 83.4
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 38 21.55 27.21 0 73.6
整形外科では、変形性膝関節症や変形性股関節症における人工関節置換術の症例数が多く、良好な成果を上げています。また、高齢社会に伴い大腿骨骨折など脆弱性骨折症例なども多く、骨折の治療だけではなく退院後に患者さんが以前と変わらない生活が送れるよう、退院後を見据えた医療が提供できるよう努めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 21 13.57 11.91 0 78.0
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 11 17.64 15.80 9.09 73.7
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 11 30.09 18.08 27.27 68.9
脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷といった様々な脳神経疾患を診療しております。慢性硬膜下血腫の多くが緊急での穿孔洗浄術を必要とするなど、一刻を争う緊急の対応や高度な診断・治療技術を要求されます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 36 2.06 2.34 0 34.6
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 33 6.12 6.01 0 32.1
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 28 9.5 10.18 0 43.4
妊娠中毒症や糖尿病合併妊娠などをお持ちの妊婦さんは、当院の内科医と協力し、胎児疾患が疑われるような場合は、筑波大学と連携を取りながら診療を行っています。どの妊婦さんにも安全で快適なお産をして元気な赤ちゃんを産んでいただけるよう努めています。また、悪性腫瘍につきましても、大学病院等と連携してその患者さんに最も適した医療を提供できるように努めています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 352 7.3 3.01 0 75.4
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 12 8.1 7.99 0 70.3
020220xx97xxx0 緑内障 12 9.1 9.57 0 72.5
眼科の患者さんの93.6%は60歳以上と高齢の方が多く、そのほとんどが白内障の患者さんです。白内障は、水晶体と呼ばれるカメラのレンズのような働きをする部分が白く濁り、ものが見えにくくなる病気です。視力の回復には、手術のみが唯一の治療方法となっており、手術全体のおよそ80%が白内障の手術です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 16 4.06 5.31 0 67.5
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 4 6.5 8.20 0 31.8
030380xxxxxxxx 鼻出血 3 8 6.29 0 66
耳鼻咽喉科では、耳、鼻、のどの急性感染症から腫瘍性病変まで診療しています。最も患者数の多い前庭機能障害とは、内耳にある平衡感覚をつかさどる前庭という部分が何らかの損傷を受けて、めまいなどの症状が出る疾患です。めまい症の4分の3は耳が原因で起こっています。脳が原因と疑われる場合は、当院の神経内科との連携を取りながら診療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 25 30.56 18.08 16 72.2
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 18 20.94 15.80 11.11 75.5
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 9 18.78 19.87 11.11 57.2
神経内科では、脳卒中のように緊急性の高い疾患から、神経難病や長期にわたる治療が必要な疾患の方など様々な方がいらっしゃいます。症状の中には、心疾患や内分泌疾患、整形外科疾患など他科領域の疾患が原因で生じるものもあります。そのため、他の専門領域の診療科と協力し総合的な診療を行い、社会復帰にかかる期間の短縮や予後の改善に努めています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 34 9.32 7.59 0 70.7
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 33 17.09 12.60 9.09 65.5
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 9 10.44 10.25 0 73.7
膀胱腫瘍の手術は、尿道から膀胱内に内視鏡を挿入し、その先端に付いている電気メスで膀胱内の腫瘍を切除します。
当院では、高齢男性の排尿障害の原因となる前立腺肥大症、女性が罹りやすい膀胱炎や高い熱が出る腎盂腎炎、血尿で判ることが多い膀胱癌など幅広く診療しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 78 41.49 21.69 16.67 82.8
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 33 16.7 15.00 18.18 77.5
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 31 14.58 14.34 0 67.4
呼吸器内科は、肺炎などの感染症、肺癌をはじめとする悪性腫瘍、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などのアレルギー・炎症性肺疾患を中心に呼吸器内科としての専門性を生かしながら、一般内科、プライマリ・ケアの領域でも総合的かつ全人的な診療を心掛けています。そのなかで、入院診療では日本人の死因の上位に挙がる肺炎、なかでも高齢者の誤嚥性肺炎、医療・介護関連肺炎(NHCAP)が多くなっています。患者さんの身体的な状況に加えて、社会的な状況も考慮しながら、適切な治療方針や療養の方向性を他職種で検討していきます。
肺癌における入院診療は、初回の化学療法や分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬の導入と終末期対応が多くなっています。治療導入後に状態が安定していれば、多くの方が外来通院治療へ移行しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 94 21.7 18.30 5.32 82.7
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 77 3.06 3.07 0 69.8
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 37 5 4.87 0 70.0
循環器内科では、狭心症・心筋梗塞など虚血性心疾患と呼ばれる症例が最も多くなっています。これは、高血圧や動脈硬化などが原因で心臓を取り巻く血管が狭窄し、心筋に充分な血液が送れなくなる疾患です。虚血性心疾患に対しては、カテーテルという細い管を血管内に挿入し、狭窄の程度を検査したり、血管の内側から治療を行います。カテーテル治療は開胸の必要がないので体への負担も少なく、入院期間が短いというメリットがあります。
内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 1 23 15.35 0 75
内分泌内科では、『内分泌』と『代謝』の二つの分野を診療しています。内分泌の分野では、ホルモンを分泌する臓器である脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎の疾患を主に診療しており、代謝の分野では、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などが該当します。特に糖尿病は年々患者数が増加しており、国民病と言っても過言ではありません。当院では、外来での個人栄養指導や糖尿病教室などを通じて糖尿病の理解を深めていただき、病気とうまくつきあっていけるよう努めています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 64 9.73 10.93 3.12 78.0
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 33 7.58 11.26 0 75.8
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 33 4.97 7.01 3.03 70.5
消化器内科で最も多い症例は、胃がんや大腸がん、肝がんなどの悪性腫瘍です。早期の胃がんや大腸腫瘍では、内視鏡的粘膜剥離術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)での症例が多くあり、およそ6割を占めています。
他に肝がん、肝内胆管がんなどでは、肝動脈化学塞栓療法やラジオ波焼却療法を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 53 9 7 9 20 9 1 6,7
大腸癌 24 15 19 28 38 16 1 6,7
乳癌 0 0 0 0 0 0 1
肺癌 8 4 27 56 10 6 1 6,7
肝癌 6 15 6 7 2 19 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められており、下記のようになっています。
① 原発巣の大きさと進展度
② 所属リンパ節への転移状況
③ 遠隔転移の有無
以上の3つのカテゴリをもとに各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類しています。
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、もしくは初回治療を実施した場合を指しており、「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者さんを診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 7 5.71 41.1
重症度 1 6 18.17 64.5
重症度 2 6 25.33 83.8
重症度 3 8 16.75 80
重症度 4 3 16.33 81.7
重症度 5 4 16.25 87.8
不明 0 0 0
市中肺炎の定義は下記の通りです。
① 入院の契機となった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPC 040080相当)
② ①の中で、ICD10コードがJ13~J18で始まるもの
※インフルエンザ等、ウイルス性肺炎(DPC 040070相当)、誤嚥性肺炎(DPC 040081)は除外。
※市中肺炎であるため、入院後発症の肺炎、一般病棟外からの転入、他院からの転院も除外。

【ICDコードとは】
International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems
(疾病および関連保健問題の国際統計分類)の略称で、WHO(世界保健機関)が作成した傷病に関する分類です。
疾病および死因を国際比較、活用する場合、各国が共通した情報収集法で分類することができるよう制定されました。現在は1990年の世界保健総会で承認された第10回目の修正版が使用されています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 5 3.8 57 0
その他 1 3 73 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 78 34.14 75.3 19.15
その他 16 19.44 76.1 5.32
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 7 10.71 73.1 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
●定義
入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁で集計しています。

【ICD10コードとは】
International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems Tenth Revision (疾病および関連保健問題の国際統計分類-第10回修正)の略称で、WHO(世界保健機関)が作成した傷病に関する分類です。
疾病および死因を国際比較、活用する場合、各国が共通した情報収集法で分類することができるよう制定されました。現在は1990年の世界保健総会で承認された第10回目の修正版が使用されています。

●特徴
当院での発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんは、およそ77.6%となっております。
そういった緊急を要する患者さんの疾患に対応できるよう近隣の医療機関とも連携をとり、診療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 89 0.13 1.3 0 65.4
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 0.89 3.3 1.64 65
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.25 4.15 0 42.8
2015年度の外科での手術件数は400件で、鼠径ヘルニアの手術が最も多くなっています。ヘルニアとは、抵抗の弱い場所から、腹部内臓が腹膜に包まれて脱出することを指します。
次いで胆嚢摘出術が多く、腹腔鏡下で実施するため、ほとんどの患者さんが4~5日で退院されています
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 102 2.14 23.15 1 68.4
K0461 骨折観血的手術(大腿) 42 2.47 17.5 33.33 78.5
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 37 1.47 14.86 5.56 62.6
高齢社会に伴い大腿骨骨折など脆弱性骨折症例が多く、当科では人工関節置換術が最も多い手術となっています。
人工関節置換術とは、変形性膝・股関節症や大腿骨頭壊死、骨折などが原因で変形した関節を、金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工の関節に入れ替える手術です。
この手術により、歩行能力が回復し、退院後は手術前にできたことはほぼできるようになります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 1.5 17.29 8.33 77.8
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 4 0.5 20.75 0 60
K145 穿頭脳室ドレナージ術 2 1 26 0 47
脳神経外科では、「慢性硬膜下血腫」に対しての穿孔洗浄術が最も多い手術です。「慢性硬膜下血腫」の患者さんの多くは、過去に頭部外傷の既往があり、症状は数ヶ月にわたって徐々に出現します。頭痛や嘔気、意識障害などがあり、多くは緊急の手術を要します。穿孔洗浄術は、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。
また、後頭部および項部に強い頭痛がある「くも膜下出血」を未然に防ぐ脳動脈瘤クリッピング術も2番目に多い手術となっています。「くも膜下出血」は頭蓋骨と脳の間にあるくも膜の下に血液が流れ込む病気で、発症すると3分の1は死に至ると言われている重篤な疾患です。そのため、「未破裂脳動脈瘤」に対するクリッピング術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 33 0.97 0 0 34.9
K867 子宮頸部(腟部)切除術 28 1 1.07 0 41.7
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 23 1.05 8 0 44.4
産婦人科では、稽留流産による流産手術の件数が最も多くなっています。稽留流産とは、妊娠21週6日までの間に何らかの理由で妊娠が継続できなくなったことをいいます。
本人には全く自覚症状がないことが多く、原因としては染色体異常のような赤ちゃん側の原因が一番多く、生命を維持できないような異常がある場合に自然に流れてしまうことを指します。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 380 0.97 5.29 0.27 75.5
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織含む) 220 1.3 5.8 0 68.1
K2683 緑内障手術(濾過手術) 11 1 7.09 0 71.9
眼科で最も多い手術は、白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)です。
白内障は、水晶体と呼ばれるカメラのレンズのような働きをする部分が白く濁り、ものが見えにくくなる病気です。視力の回復には、手術のみが唯一の治療方法です。
近年では、水晶体を乳化吸引する超音波乳化吸引術と折りたたんで眼内へ挿入できる眼内レンズの普及により、患者さんの術後のQOLは飛躍的に高まっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 34 1.36 6.97 0 70.1
K830 精巣摘出術 13 4.92 6 7.69 78.5
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術(1歳以上) 10 1.9 8.8 0 65.7
・膀胱がんの経尿道的手術
尿道から膀胱に内視鏡を挿入し、先端の電気メスで腫瘍を切除します。手術中、膀胱内に洗浄液を注入しますが、電解質溶液(生理食塩水)を用いているため、合併症が少なくなります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 42 1.82 3.82 0 70.1
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 16 0.06 13.38 6.25 64.6
K596 体外ペースメーキング術 7 2.29 18 0 70.7
循環器内科では、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術などのPCIという手術を多く行っています。これは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、血管の内側から狭窄部位を削ったり、拡張したりする手術です。開胸と比べると患者さんの体への負担が少ないため、短期間での退院が可能となります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 126 1.39 1.12 0.83 69.6
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 65 1.95 14.3 1.59 78.9
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 22 1.22 7.04 0 71.6
消化器内科では、内視鏡を使用したESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)・EMR(内視鏡的粘膜切除術)での悪性腫瘍やポリープの切除を多く行っています。どちらも開腹する必要がないため、短期入院での施術が可能であり、早い段階で社会復帰ができることが特徴です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 2 0.04
180010 敗血症 同一 25 0.53
異なる 4 0.09
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 3 0.06
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.17
異なる 0 0
当院では、手術や処置などを行う際には、合併症を起こさないよう細心の注意を払い施行しています。
また、考えられる合併症につきましては、可能な限り事前に説明した上で、患者さんから同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2016/09/30
病院情報を公開しました。